生姜の温め作用について

なぜ生姜の摂取は体が温まるのか?

生姜の画像

生姜には辛味成分であるジンゲロンとショウガオールといった成分が体の発汗作用を高め、血液の循環を良くする作用があります。

この成分の効能によって、自然と体が温めるといった作用につながるのです。またジンゲロンには強力な殺菌能力もあると言われています。これは食中毒などを防ぐ役割も担ってくれます。

漢方医学でも生姜は欠かせない食材!

漢方には多くの生姜が含まれているものが多いです。つまり漢方は生姜なしには成り立たないとまで言われているほど、、漢方医学では重視されている食材でもあります。

なぜなら漢方医学では生姜は「気・血・水」の流れを正常にして健康を守る働きがあるとされているからです。

漢方の話にはなってしまいますが、漢方医学では「気・血・水」が滞るとあらゆる疾病が起こるとされています。血の滞りは「お血」といって、いわゆる血液がドロドロの状態です。

心臓や血管系の働きが低下して血流の流れが悪くなると、その部分の細胞は正常に働かなくなります。これがあらゆる病気の原因になるのです。これを放っておくと炎症や腫瘍、心筋梗塞、脳梗塞など深刻な病気になりかねません。

血液の流れが悪いと【体がほてる・赤ら顔・便の色が黒く臭い】といったような状態になります。これは血液が滞っているサインとされています。そして体を冷やしてしまうことで血液の循環は悪くなります。

「水」でいうと水分が体にたくさん溜まってしまい、水太りやむくみの原因にもなります。これを冷えが原因であったりします。そして漢方医学の「気」とは目に見えない生命維持エネルギーをさします。

元気やヤル気といった言葉からもわかるように前向きな気持ちが滞ると、体の新陳代謝や体温を正常に保つために欠かせない原動力となるのが「気」です。

この漢方医学でいうところの「気」がスムーズに作用しないと、スッキリしない感じや体の痛み、お腹のハリなどの症状がでてきます。いわゆる体の不快感に繋がります。

これらの症状の流れをよくするのが生姜であり、健康を増進する万能作用になるのです。

まとめると生姜は体を温めるだけでなく、人間の生活のサポートをする食材でもあることがわかりますよね!

女性に人気の生姜サプリNO.1

金時しょうが粒
金時しょうが粒

●金時しょうが採用で温め成分が4倍!

●ヒアルロン酸配合!美容だってばっちりサポート!

●価格もリーズナブル!続けやすい!

公式サイト 詳細ページ

生姜は冷えとりに良いとされますが、なぜなのでしょう。生姜の作用について紹介したいと思います。