塩分の抑えると体が冷える?

塩分の控えすぎは体を冷やす原因でもある!

塩分の控えすぎが体を冷やすって聞くと驚く人も多いと思います。

だって塩分の摂りすぎは高血圧や脳卒中などの原因になるとして、減塩を心がけるのが常識とされていますもんね。

人昔前までは、東北地方の人に高血圧や脳卒中が多かった。彼らは味噌、しょうゆ、漬物などのしょっぱい食べ物を好み、調査によると1日に30グラム以上の塩分を摂取していたそうです。

それによって塩分と病気の因果関係が取り沙汰されましたよね。しかし、今ではその常識も覆されつつあるのです。

なぜならこれがきっかけとなり、日本全国に減塩運動が広まり、塩分の過剰摂取は大幅に減少したにもかかわらず、高血圧の患者数は減っていないからです。

また脳卒中の死亡率は確かに減少傾向があるようですが、脳の血管に血栓ができて詰まる脳梗塞の死亡率は反対に増えているそうです。

東北地方の人に高血圧や脳卒中が多かった当時でも、彼らの平均寿命は全国平均より2〜3歳くらいしか短くなかったのです。つまり塩分だけが原因ではなく、冬場の寒さや運動不足、野菜の摂取不足なども影響しているのではないかと考えられています。

一方、漢方医学では塩分には体を温める作用があるとされています。

これを踏まえると東北地方の人たちは、塩分を多く摂ったからこそ厳しい冬を乗り越えてきたといえるのではないでしょうか。

もし、塩分をたくさん摂っていなければ、高血圧や脳卒中で倒れるずっと前に、体の冷えが原因で起こる風邪や肺炎、結核、リウマチ、うつ病などで早死にしていたかもしれないのです。

塩分を控えすぎるあまりに、塩分不足になって体が冷え、それが原因で病気になってしまっては元も子もないですよね。ですから、いたずらに減塩に走るのは避けたほうが良いと言えます。

ただし、使用する塩は、化学合成塩をさけ、約100種類もの豊富なミネラルを含む「自然塩」にした方が良いとされています。

また発汗や排尿をしっかりすることも心がけることが大事だそうです。

水分と一緒にナトリウムもきちんと排出できれば、心臓にかかる負担もなく、血圧が上昇する心配もないそうですよ!

塩分の控えすぎが体を冷やすって知ってた?関連ページ

加熱すると変化する生姜成分|ショウガオール
生姜は加熱することで成分が変化します。生姜の成分などについて詳しく解説します。
肌もキレイになって生姜美人になってしまう!
血行がよくなるため、お肌への影響もあるのが生姜の効能でもあります。
冷えは現代病!冷える原因はファッションやストレスも関係あり!
体を冷やす原因を紹介します。まずストレスやファッションが大きく関係していたりします。
生姜で便秘を治す!温めることで便秘が解消!
生姜をたくさんとり、体を温めることで便秘が解消されます。水などをたくさん飲んでも便秘が治らない場合は体を温めてみましょう。
夏って体が冷えてる!もしかしたら冬よりも!
実は冬よりも夏の方が体が冷えている場合があるんです。なぜなのか?実は食べ物や生活に原因があるんです!
ジンジャーワインでお酒を楽しみながら冷えを撃退!
生姜ブームのなか誕生したジンジャーワイン。アルコールを摂取しながら冷えを解消できますよ!
松屋の生姜丼!食欲そそる丼が登場!
牛丼チェーン店の松屋が生姜焼き丼を発表。食欲がない方に最適では!
タレントプロデュースの生姜サラダ!ナチュラルローソンで販売!
タレントの安めぐみさん考案の生姜を使ったサラダメニューがコンビニに並んでいるそうですよ!
生姜の使い方|体につけても効果あり!
生姜の使い方には様々な方法があります。皮膚からも直接吸収できるのが生姜なのです。
生姜はむくみもとれて、ダイエット効果もあり!
生姜のダイエット効果やむくみ解消効果はすごいんですよ!侮ってはいけません。
夏に体が冷える!?生姜パワーで簡単解決!
夏に体が冷えていることをほとんどの人は知りません。冬よりも現代人は夏の方が体が冷えている可能性が高いのです!
生姜の効能は高血圧の低下に良い!
生姜の効能は体を温めるだけではありません。高血圧の予防や改善にも最適なのです。
生姜を乾燥させると効果が高まる!?NHKためしてガッテンでも紹介!
NHKの情報番組でも生姜が取り上げられています。乾燥させた生姜の方が温め力が強いとのこと!
冬の注目成分として生姜がNスタで紹介!
TBSのニュース番組であるNスタで生姜の体を温める作用が特集されました!

塩分の控えすぎは体を冷やすって知ってましたか?気になる続きは記事をご覧下さい。