冷え性 ダイエット

体が痩せない原因は内臓温度にあった!?

なぜ冷えるとダイエットしても痩せていかないのか?それは内臓温度にあるようです。体が冷えると内臓温度が低下します。

内臓温度が下がることで、基礎代謝も落ちる傾向にあるようです。このため冷えている人は痩せにくい体質になります。内蔵温度が1度下がるだけでも基礎代謝は10%前後の下がるそうですよ。つまり消費カロリーもその分、減ってきてしまうのです。

さらに体が冷えると体の免疫力が低下。

普段の生活の中でなんでもなかった部分に不調が起こりだします。花粉症や肩コリ・むくみなども冷え性になると症状が悪化すると言われています。老化の原因にもなると発表されています。

⇒gooダイエットで冷えのセルフチェックができます!

冷え性を治す方法は?

体の冷えを治すには、当たり前ですが「温める」ことが大切です。衣類を多く着込んで温めたり、半身浴をして体の芯から温め、血行をよくすることが大切です。

大切なことは体の内側から温めることです。

表面だけ温かくなっていても上記の記したように内蔵温度が冷えていれば、意味がありません。また血行も改善されないのでダイエットしても痩せることが難しいのです。

内側から体を温める方法の1つとして「生姜サプリメント」が有効なのです。

生姜に含まれるジンゲロールは辛味成分の一種です。辛いものを食べると体が温まりますよね。内側から体をポカポカにしてくれて、基礎代謝や血行促進をサポートしてくれます。

女性に人気の生姜サプリNO.1

金時しょうが粒
金時しょうが粒

●金時しょうが採用で温め成分が4倍!

●ヒアルロン酸配合!美容だってばっちりサポート!

●価格もリーズナブル!続けやすい!

公式サイト 詳細ページ

冷え性は体の血行や代謝が悪く、昔からダイエットに向かないとされています。体を温めることがダイエットにいいのです。